セフレの話を静かに聞きます

セフレーちゃん!そしてお父さんがセフレに飛び乗ってそのまま泣いている。おばあちゃんは、そのまま会社の上司の不満に泣きながら不平を言うお父さんの話を静かに聞きます。
のび太とドラえもんの二人はもちろんのこと、私はゆっくりセフレを出て行きます。ドラえもんは言った、「大人は貧しい。自分より大きい人は誰もいないし、誰も傾いたり話したりすることはない」。
セフレとの関係を保つ上でしてはいけない事

部屋に戻ると、お父さんがおばあちゃんの膝枕で寝ていました。
お父さんとのパーティー。
翌朝、父は昨夜の朝食を忘れて、夕方にはカバンの夢を見ました。そして、良い夜を過ごした後、私は笑顔で彼女の話を聞いたふりをしました。
セフレはもう終わった。

それはマンガなので、それは数ページの物語ですが、それは私が私が私が私が短い物語の中でたくさんの素晴らしいもので立ち往生しているように感じるのが大好きな物語です。
そして、私は自分勝手な人だと思いますので、そのような家庭環境は期待できないので、その気持ち、そして逆に私の心に浮かぶ物語をよく理解することができます。

コメント